アクネ菌は重大な病気を引き起こす珍しい菌ではない

アクネ菌は重大な病気を引き起こす珍しい菌ではありません。誰の皮膚にも必ず生息しています。

アクネ菌は重大な病気を引き起こす珍しい菌ではない

どうもみなさん。ニキビの原因についてどこまで知っていますか?毛穴に皮脂が詰まるという事は最低知ってると思います。
しかし、詳しく知らない人が大半ではないでしょうか。まず、ニキビは皮脂が詰まるだけでは発生しません。
皮脂が詰まりそこにアクネ菌が発生することによって炎症が発生してニキビになるのです。
しかし、このアクネ菌って名前は聞いたことあるけど一体どんな菌なの?てなわけでアクネ菌について話していきましょう。

ルナメアacに悪い口コミがある理由、効果の秘密

アクネ菌ってなに?

アクネ菌は仮の名前で正式名称はプロピオバクテリウム・アクネスです。このアクネ菌は常在菌の分類になり、文字通りに常に体に存在する菌です。
そのため、アクネ菌は重大な病気を引き起こす珍しい菌ではなく誰の皮膚にも必ず生息しています。
しかし、なんで皮膚に住んでいる菌がニキビの原因になるの?と誰もが思うと思います。
このアクネ菌は脂っこく通気性の悪い場所を好んで住み着きます。
脂っこくて通気性の悪い場所・・・それは皮脂の詰まった毛穴しかありません。そう、この特性こそがニキビの根本の原因なのです。

そもそもなんでアクネ菌がニキビの原因になるの?

アクネ菌は皮膚に住む菌で皮脂の詰まった毛穴を好んで住み着くという事は理解したと思います。
しかし、なんでアクネ菌が住み着くとニキビが発生するのかはまだ話していませんね。
アクネ菌は皮脂の詰まった毛穴に住み着いてすることは、皮脂を分解するという事です。
皮脂を分解?それって良い事じゃないの?と思っているあなた、そうは問屋が卸しません。アクネ菌が皮脂を分解すると毒性のある過酸化脂質という物を発生させてしまうのです。
そう、この過酸化脂質という物が炎症の元だったんです。
アクネ菌は悪くありません。この過酸化脂質が悪いのです。間違えてもアクネ菌を全部取り除いてしまえばニキビができないとか考えないように。
考えたとしてもアクネ菌を完全に取り除くことはできませんけどね。

アクネ菌の性質まとめ

アクネ菌は脂っこくて通気性の悪い場所を好む。
アクネ菌は皮脂の詰まった毛穴に住み着くと皮脂を分解して過酸化脂質を発生させる。
この過酸化脂質が炎症の原因となり赤ニキビが発生する。

公開日:
最終更新日:2016/11/24