アクネ菌は重大な病気を引き起こす珍しい菌ではない

アクネ菌は重大な病気を引き起こす珍しい菌ではありません。誰の皮膚にも必ず生息しています。

ニキビが治るのを早く、できにくくするために

   

顔の肌の悩みと言えば、ニキビです。
そこで、ニキビができた時に治す方法をいくつかご紹介します。

健康的な生活を送りましょう。

なんといっても大切なことは、健康的な生活です。
まずは食事面。
野菜をたくさん食べ、栄養をしっかりとりましょう。
食べすぎることも食べなさすぎることもないよう、一日三食しっかり食べましょう。
チョコレートを食べすぎるとニキビができるように、栄養バランスの偏った食事はとらないようにします。
次に運動面です。

しっかり運動をして汗を流すことで、身体の中にたまった老廃物を外に出すことができます。
ニキビも老廃物の一つです。

適度に運動して汗を掻いてニキビを治しましょう。
最後に睡眠面です。
早寝早起きが大切です。

23時以降の時間は眠って、肌を整えることが大切です。
遅くとも23時には眠るようにしましょう。
早く眠れば自然と早起きすることもできますよ。

スキンケアをしっかりしましょう。

毎日の洗顔は大切です。
特に夏場は、一日5回ほど洗うようにしましょう。

ニキビを治す、防ぐタイプの洗顔シャンプーを使い、その後の化粧水や乳液も、ニキビ対策のものを使うようにしましょう。
また、洗う時にはニキビを刺激しないように、優しくなでるように洗うようにしましょう。
洗顔して、化粧水や乳液も終わった後には、ニキビ治療の薬を塗る習慣をつけましょう。

ストレスをためこまないようにしましょう。

ニキビをつくる原因の一つが、ストレスです。
ストレスは、自分が感じようと思って感じるものではなく、感じたくても感じてしまうものです。
ですが、ためこまないようにすることはできます。

日頃から定期的にストレス発散をするように心がけましょう。

毎日自分の中で楽しみを作っておくだとか、週に一度は趣味に没頭する時間を費やすだとか…。
また、普段からちょっとしたことでイライラしないように、心を穏やかに保つことも大切です。

健康的な生活を送ってスキンケアもしっかりしていても、ストレスがあるとニキビが治ることに時間がかかるものです。ストレスを甘く見ずに、しっかり対策しましょう。

これら三つのことを気を付ければ、ニキビが治るのは早くなりますし、ニキビができにくくもなります。
是非試してみてください。

 - 生活