アクネ菌は重大な病気を引き起こす珍しい菌ではない

アクネ菌は重大な病気を引き起こす珍しい菌ではありません。誰の皮膚にも必ず生息しています。

心がけ次第でお肌の衰退を遅れさせることは出来る

   

お肌は自然と老化してきます。
どうしても衰えていってしまうもののようです。

けれども人の心がけ次第では衰退を遅れさせることは出来るようです。
まず、紫外線を浴びないように一番気をつけなければなりません。

紫外線は肌に深刻なダメージを与え、しわやたるみ、色素沈着をもたらしてしまいます。
紫外線は完全にシャットアウトすることはできませんが、外出時には必ずUVカットクリームを塗る、
真夏は日傘をかぶる、帽子をかぶるなどを必ずします。
そして帰宅したら、すぐさま丁寧な石けん洗顔をします。

肌にダメージを与えないように、十分に泡立てた石鹸でそっと優しく洗います。
もちろんその後には美白効果のある化粧水やクリームを重ねます。
入浴も効果的です。

40℃以下の熱くないお風呂でゆったりと入浴することで、新陳代謝が活発になり、
体が芯から温まると、お肌にも張りが出てきます。
ストレス解消にもつながります。

精神状態は体に如実に表れるものなので、精神面を健全に保てるよう努めることは重要です。
また、睡眠もお肌には大切な要素です。

どうしても現代人は寝不足で、深夜営業のような生活ぶりとなってしまっています。
しかしこれはお肌には大敵で、好もしくないことなのです。

適切な時間帯にまとまった時間、およそ6時間くらいはぐっすりと眠るべきなのです。
睡眠中にお肌は回復させられるシステムとなっているからです。

夜間、十分な睡眠がとれない場合は、お昼にわずかな時間でも眠ることが勧められます。
脳がすっきりとして疲労回復につながり、お肌にも好影響があります。

また、食事内容も併せて考慮しなければなりません。

いくら高価なお化粧品を用いていても、肝心の体が健康体でなければ何もなりません。
バランスの良い栄養が取れていて、健康な体であって、初めてお肌も美しく輝くのです。

野菜中心に果物やナッツ類、魚や大豆製品、少量の肉を加えて、和食にした方が良いでしょう。
喫煙は厳禁です。

お肌を大幅に衰えさせます。

 - ケア