アクネ菌は重大な病気を引き起こす珍しい菌ではない

アクネ菌は重大な病気を引き起こす珍しい菌ではありません。誰の皮膚にも必ず生息しています。

昔の人の肌がツヤツヤしていたのは発酵食品の存在が大きい

   

昔の人が特別な化粧品を使用していなくても肌がツヤツヤしていたのは発酵食品の存在が大きかったのです。

ここでは発酵食品と美肌について知りましょう。

過保護と言えるほどのケアをしている

 

今の時代はたくさんの化粧品が開発されてお店にいけばおびただしい数の化粧品が並んであります。にも関わらずに肌の悩みが尽きません。

その解決のヒントは昔の美容法にあります。例えば街中でも見かけるお肌の綺麗なおばあちゃん。彼女達は実は特別な化粧品を使っていない人も多いです。それなのにお肌が綺麗なのには理由があるのです。

それはお肌本来の力を引き出すようにしているからです。一言で言えばお肌を甘やかさない、という事です。ある意味はお肌を飢餓状態にして必要になる水分や油分を自分で調節するのです。このような事ができる能力は本来人間は備えています。今はあまりにもたくさんの化粧品があり水分や油分を補う事をしますが、今一度昔からあった美容法に目を向けてもいいでしょう。

発酵食品は美肌にいい理由、教えます。

 

化粧品なども今ほど種類が無かった時代、お肌が綺麗な人はよく発酵食品を口にしていました。今でも韓国の女性などがキムチなどの発酵食品を良く食べているから、綺麗な肌をしている事は知られています。

発酵食品は美肌にいいのです。ではその理由はどうしてでしょうか。代謝が活性化されていると少しぐらい角質が乱れたとしても古い角質はすぐに剥がれ落ちていき、新しく綺麗な皮膚が再生されるのが普通です。

ですが、体内で酵素を生成する力が落ちている状態では困ります。今の欧米流の食事スタイルの影響もあり肉食が多くなりました。そんな食生活に合わせて、大量の酵素を使用してそれらの食事を消化していきます。

しかし、その事に力が入り過ぎるとお肌へ余力が残りません。これでは翌日へとお肌の不調を持ちこしてしまいます。それを解決できるのが発酵食品です。食べ物を消化するために必要になる酵素が発酵食品には多く入っています。

少しぐらい肉食が多い生活をしていても、発酵食品をしっかりと食べていればお肌を再生させる酵素をは体内で作り出す事ができるのです。美肌のためには化粧品を顔に塗りたくる方法以外にも、昔からの知恵を生活に活かしてみるのもいいでしょう。どんな化粧品を使ってもなかなか結果が出ないのなら昔からの美容法に挑戦してみましょう。

 - 生活